達磨さん転んだとチンジャオ娘のエロ漫画「美人面犬の飼い方」

チンジャオ娘さんの最新作は達磨さん転んださんとのコラボ第4弾!

 

 

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

 

 

エロ漫画「美人面犬の飼い方」

 

 

⇒ 美人面犬の飼い方を読む

 

 

現在、4話まで公開中です。

 

 

久々の達磨さん転んださんとのコラボは、獣姦物。

 

 

美人面犬と人間とのエッチが描かれています。

 

 

配信サイトは、BookLiveコミック。

 

 

当サイトでは随時、美人面犬の飼い方の情報を載せていきます。

 

 

美人面犬の飼い方の情報

 

作品名 美人面犬の飼い方
作者 チンジャオ娘/達磨さん転んだ
配信サイト BookLiveコミック
配信話 4話
価格 86pt
無料立ち読み あり

 

美人面犬の飼い方のあらすじ

 

ケイの家は人面犬(メス)を飼っている。名前はアンナ。とても可愛い顔とふわふわな毛並みをした小型種で、ご近所でも「美人面犬」と評判だ。僕とアンナは小さい頃からずっと一緒で、まるで姉弟のように育ってきた。でも最近、僕たちには人には言えない秘密ができてしまった。だって気づいちゃったんだ。人面犬にも、オッパイや「穴」があるってことに。飼い主に忠実で、可愛い顔をしていて、ぬいぐるみのように抱き心地が良くて、柔らかいオッパイと、小さくてキツキツなオマ○コがあって…人面犬のメスは、人間の男にとって最高の性欲処理相手だっていうことに。

 

美人面犬の飼い方の配信話

 

1話「もう、今日もなの…?」散歩中に発情した飼い主の性欲処理は飼い犬の役目
2話「こんな汚いもの舐めろだなんて!」と言いながらも尻尾を振っちゃうメス犬の本能
3話「キャイン!そこはつまんじゃ…」メス穴を人間のオモチャにされて奥まで貪られて
4話「あなたは人間で、私は人面犬なのよ?」こうして飼い主と飼い犬は交尾をするようになり…

 

美人面犬の飼い方のレビュー

 

ついにチンジャオ娘さんの最新作が配信されましたね。しかも、達磨さん転んださんとの合作で配信前から楽しみにしてました。達磨さん転んださんとチンジャオ娘さんの合作エロ漫画と言えば、神の乳母が有名ですが、今回の美人面犬の飼い方もめちゃめちゃ良かったです。人面犬と人間がエッチするシーンが見れるとは思いませんでした。弟のケイ君に性処理道具として扱われる姉のアンナちゃんがものすごくエロかったです。人間みたいにおっぱいもあるし、アソコもばっちりあります。お口でするシーンも人面犬だと妙にエロいですね。獣姦系のエロ漫画が好きなら、きっと美人面犬の飼い方は気に入ると思います。

BookLiveコミックの魅力について調べました!

スマホで楽々電子書籍が読めるようになった今、沢山の漫画読み放題サービスがありますよね。中でもBookLiveコミック!はよくテレビやスマホの広告が流れていてご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

そこでBookLiveコミックにはどんな魅力があるのか調べてみました。

 

BookLiveコミックは月額コースを選び会員登録するとポイントが貰え、そのポイントでコミックを購入するシステムのようです。ところが月額分だけのポイントだけでなく、初回ボーナスと毎月ボーナスポイントが貰えるとのこと!これはお得ですね。品揃えは100万冊以上で無料作品や割引キャンペーンも豊富で、普通に本屋さんでコミックを買うより断然お得かもしれません!

 

それにBookLiveコミックは2004年に日本で初めて携帯向けコミック配信サイトを始めた老舗中の老舗。安心して利用できますね。アプリのダウンロードも不要だからスマホの容量を心配しなくて良いし、月額コースは8種類から選べて自分にピッタリのコースがありそうです。BookLiveコミックの魅力がお分かりになりましたでしょうか?皆さんも利用の際に是非参考にしてください!

電子コミックのメリット、デメリット

最近では、マンガや雑誌、小説などのさまざまな書籍が電子化されている。私は電子化された書籍の中では電子コミックをよく読んでいる。

 

電子コミックの良い所は通常の書籍と違って買いに行く必要がないといった点だ。忙しくて買いに行くことができない場合は非常に重宝する。

 

また、すぐWEBで見ることが出来る電子コミックであれば通常の書籍と違い、買い忘れたときの面倒臭さがないところも私が電子コミックを愛用している理由の一つだ。

 

さらに電子コミックは通常の書籍と違って場所をとることがないという点も大きなメリットである。恥ずかしながら私は片付けが苦手であり、物を捨てるのも苦手である。つまりは読書中毒の私が通常の書籍を購入して生活をすると私の部屋はすぐに汚部屋になってしまう。

 

しかし、電子コミックであればパソコン一つやスマホ一つの中にデータとして蓄積されていくだけで、私の部屋を圧迫することがない。もし、電子コミックがなければ今ごろ私の部屋は、、、と想像してみると少しゾッとする。

 

そんな私でも電子コミックに一つだけ不満がある。それは実物を読むときのページをめくる感覚や読み終わり本を閉じたときのパタンッといった音の達成感を感じることができない点だ。この点だけは電子コミックより実物の方が良いと感じてしまう。

 

いつの日か電子コミックのページをめくるクリック操作やパソコンを閉じることで同じ感覚を覚えることができるのだろうかと淡い期待を寄せながら今日も私は電子コミックを読みあさる。